会 長 方 針

     
   
新狭山ロータリークラブ  
2017〜2018年度 会長  
  田口 勇夫  
    
《新狭山RCの現状》
 新狭山ロータリークラブは昨年度創立30周年迎え新しい30年に向けて創立当時の素晴らしい取り組みを継承しながら新しい30年に向かいたいと思います。
RI会長メッセージ:「ロータリー変化をもたらす。」もとに例会回数・その他経費の見直しを行い会員が楽しめるクラブ作りを行って行きたいと思います。
そして我がクラブの活動を活発にしていける用に会員増強を一番の活動目標にしていきます。
会員皆様の協力宜しくお願いいたします。
石田年度同様に会員増強に全力で取り組みましょう。会員一人一名の紹介を必修にしたいと思います。 貴方が推薦者によって入会した事を思い出してください。 そして、ロータリーに入って良かったと思うなら、勧誘してください。増強は会員増強委員会だけの責任ではありません。 自分身の回りをみわたして、ロータリーを知って入会を希望する人を探してください。 ロータリーの公共イメージ向上に取り組んでいきます。

  本年度の具体的な目標
  1.「七夕祭り」への参加して母艦活動、ロータリーのPR活動
  2.各種団体との連携事業
  3.狭山商工会議所(七夕祭り)
  4.西武文理高校インターアクトクラブとの文理際うどん販売の協力。
  5.所沢法人会(公開講演会の参加)  
  6.NPOさや環(環境ウォーク)   
  7.例会に変化をもたらす。例会回数を二回、ゲスト例会一回(理事会同日に行う)
  8.女性会員の勧誘を行う。 
  9.きめ細かい配慮で退会者を減らす。
  10.合同例会の開催